浄水器の取り付けや水道修理は自分でできるのか

浄水器の購入やレンタルをした場合、自分で取り付けをしたり水道修理を考える場合もあります。簡単な交換であればそれでも問題ありませんが、間違ったことをすると大きなトラブルに繋がりかねません。正しく情報収集したうえで、適切な処置を行うと良いでしょう。

■スピンドル交換の場合

スピンドルの交換は、ドライバーやモンキーレンチなど専用工具があれば可能です。型番に合ったものを準備しておき、シンク下の元栓を閉めて、浄水機のレバーを外します。ネジをドライバーで外し、モンキーレンチを使って古いスピンドルと交換して、取り付けると良いでしょう。
しかし、間違った方法だと浄水器を傷つけかねません。水道修理が必要となりますので、難しい場合は専門業者に相談をしてください。


■専門業者に取り付けや水道修理依頼した際にすべきこと

浄水器の取り付けや水道修理を依頼した場合、可能な範囲自分でできることをすると良いでしょう。止水栓を止めて、蛇口など水廻りの機器を拭いておくと腐蝕や水漏れを防ぐ効果があります。
賃貸物件の場合は水道修理が必要なことを管理会社に相談しておくと、トラブルの予防になります。また、トラブルの状況によっては、費用を出してもらえます。



■まとめ
浄水器の取り付けや水道修理は、専用工具があれば自分で行うことも問題ありません。しかし、専門業者に相談をすると、それぞれの対応をしてもらえる以外にも、細かな所まで確認が受けられます。自分に合った方法を選びましょう。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ