水道の凍結予防と破裂した時の修理の流れ

冬場になれば、水道管の凍結は起こりうるトラブルの一つで、地域によってはその頻度も増します。それに伴い、水回りの機器の使用ができなくなります。しかし、間違った処置をすると、水道修理が必要なケースになりかねません。

■露出している水廻りの機器は防寒対策を施すと良い

屋外に露出をしている水道管や蛇口は、天気予報を確認して凍結が起こりそうな場合は、前日から予め古布などを巻いておくと予防ができます。また、市販の保温材や凍結防止帯を巻いておいても効果が見込めます。その際には、水滴を拭いておくと良いでしょう。
特に蛇口部分は凍結しやすいので、入念に巻きつけておく必要があります。可能な範囲でトラブル対策を万全に行っておくと、浄水器も問題なく使用することができます。


■凍結が起きた場合にするべきこと

可能な範囲で対策を行っても、凍結は起こりかねません。解凍をする際は、タオルを巻いたうえでぬるま湯をかけ続けると良いでしょう。カイロやドライヤーを、凍結部分に充て続けても効果が見込めます。
ただし、蛇口を閉めた状態で行うと水道管の破裂や損傷に繋がりかねません。熱湯をかけることもやめてください。もしも破裂をした場合は、水道は使用できません。外にある止水栓を閉めて、自治体か信頼できる水道業者に修理の依頼をしてください。



■まとめ
急激な外気の影響などで、凍結は起こります。対策をとっていても防げないケースもあります。適切な処置を施すことで水道修理の予防が図れます。破裂した場合は、二次被害を防ぐために水道の使用はやめてください。

クラシアン
トイレのつまり、蛇口の水漏れ、排水口のつまり等、水のトラブルはクラシアンにお任せ下さい!24時間365日対応、0120-511-511までお電話下さい。年間80万件以上、業界No.1の対応実績!「くらしに安心を提供する」くらしあんしんクラシアン。

クラシアンへのお問い合わせ